いよいよ

IMG_20181205_162851.jpg

昨年より20日ばかり遅い出荷開始となったという。イチゴの品種別に、大きさ・形・色・甘味・酸味がそれぞれ。見た目に色づきの変化がとてもきれい。11月から5月まで収穫。3月上旬からはイチゴ狩りができる。

専業生産

IMG_20181103_155730.jpg

収穫しては出荷作業。スーパーの店頭に並ぶ生シイタケを詰める。久住しいたけの生産は紅葉の時期から忙しくなる。植林した人工林のホダ場(栽培場所)で収穫して回る。健康食として優れた食材・しいたけを専業生産。

選別中

PA270217.jpg

玖珠町の河野さん宅を訪ねた。この時は選別とパッケージ中。椎茸を収穫したあと、品柄別に選別しながらトレーに詰める。連携して奥さんがパッケージする。生シイタケ出荷の作業だ。突然の訪問で申し訳なかった。

読者に偶然

PA270213.jpg

玖珠町の林道で偶然出会った梅木さん。椎茸専門農協女性部の部長を務めるタカエさんと健造さん御夫妻。弊社新聞の読者であり採りたての椎茸を頂いた。帰社後に調理、残りはスライスと角切りで冷凍保存。感謝。

ホダ起こし

IMG_20181022_134612.jpg

竹田市久住町の倉橋さんは、ホダ起こし作業中。椎茸の原木栽培を行い、きのこ発生のための準備。種駒を打込むとホダ木と呼ぶ。2年間で椎茸菌を回して仕上げる。発生前にホダ木を起こすと発生量や形状が良くなる。